共豊コーポレーションの最新情報をお届けします  
03<< 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293004/ >>05
/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
KYOHO MAILMAG ver2
KYOHO E_Sales Vol_157
いつもKYOHOメールマガジンをご愛読頂き、ありがとうございます。
今回のメールマガジンは
【マメ知識コーナー】
《KYOHOは今年創業50周年!その歴史を振り返ります》
【新製品速報】
《KYOHO2017新製品の隠し玉! サーキュラーRM-7》
《PIAAのスポーティな新製品はKYOHO専売! ユーロスポルトS-10R!》
《オートサロンでも大人気!トラストの革新的メーターシリウス!》
《プレミアムなクルマにはプレミアムなホイールを! TWSホイール新製品》
《キレッキレ5スポーク! Gコーポレーション エステイタス スタイル757》
《オシャレでリーズナブル! コスミックホイール新製品》
《SUVに似合う骨太6スポーク! エルフォード ブルメタル》


【ホイールマッチング情報】
《トヨタ C-HR》
でお送りします。


マメ知識コーナーver2

《KYOHOは今年創業50周年!その歴史を振り返ります》

弊社の創業は1967年。すなわち今年創業50年という節目を迎えます。
これはひとえに支えていただいた皆様のお陰です。有難う御座います。

ここで50年の歴史を少し振り返ってみたいと思います。

①KYOHO産みの親

vol157 画像1
日本にモータリゼーションが芽生え始めた1967年、
橋本(写真左)、笠山(写真中)、朝長(写真右)
(写真は昭和54年、本社ビル落成式のものです)
河野(写真はありません)の4名により弊社は産声を上げました。

KYOHOを産み、育てた弊社を語る上でなくてはならない4名です。


②共豊の名がお茶の間に!?

vol157 画像2

80年代に大ヒットしたドラマ『西部警察』車輌のホイールを提供。
過激な撮影で大量のホイールが破壊されてしまう為、毎回トラック一杯のホイールを
持ち込んだそうです。
当時は共豊産業という社名でした。


③時代の先を突っ走る!
vol157 画像3
時は1986年、大型車やスポーツカーでも15インチであれば大口径、16インチともなれば
フェラーリなどごく一部のスーパーカーにしか無かった時代に
17インチ【メイストーム21C】(写真左)をリリース!


時は流れ1996年、大口径化も進みましたがアフターでも18インチが主流だった時代に
リリースした【モデラート エクセレント】(写真中)【ノーブレイ ファイナル】は当時としては
常識破りの20インチをマルチピースとして初のリリース!


時代の一歩先を歩む姿勢は今も変わらぬKYOHOのDNAです。


④KYOHOホイールが世界一となった瞬間


vol157 画像4
2010年からはじまったWTAC(ワールドタイムアタックチャレンジ)
いわばチューニングカー世界一決定戦ですが、2010年、2011年と連覇したサイバーエボの
足下を支えたのが【AME TM-02】

強靭なMAT製法は過酷な負荷にビクともせず、いわば世界一のホイールとなったのです!
ここで得た貴重なノウハウは今も活かされています。


⑤『世界初』『日本初』『業界初』

vol157 画像5

『時代の一歩先を行く』このDNAは数多くの『世界初』『日本初』『業界初』を生み出しました。
現行モデルの一例だけでも・・・

【ブラスター】(写真左)のグラデーション塗装
【グレーサー】(写真中)の7工程塗装
【リヴァイバー】(写真右)の光るセンターキャップなど
コストや手間を惜しまず新たな技術、手法を投入し続けています。

後追いや模倣であればコストや手間は減りますが、そんな姿勢では50年の節目を迎える事は
不可能だったことでしょう。

『時代の一歩先をゆく』この姿勢はKYOHOが続く限り変わりません。
皆様の1日1日の支えがあったからこそ迎えられた50年、感謝の気持ちを忘れずに
次の50年と言わず1日1日全力で邁進して参りますので、今後ともKYOHOを
宜しくお願い致します。


新製品情報ver2

《KYOHO2017新製品の隠し玉! サーキュラーRM-7》

50周年を記念して、という訳ではありませんが今年のKYOHOは新製品攻勢がスゴイ!

既に紹介させていただいた
【シャレンVシリーズ】【リヴァイハ゛―モノブロック】【WXモノブロック】
【シュタイナーSF-C】に続き発表させていただくのが【サーキュラーRM-7】!

vol157 画像6

KYOHOに連綿と続くスポーツモデルの系譜『サーキュラー』の名に恥じないモデルとして
細部のディティールに拘りまくりました。


拘りポイントその①スポークサイドの造形

vol157 画像7
シャープなV字スポークのサイドを鋭く抉り軽量化を追求すると共にデザインにも
アクセントを添えました。
また、Vスポークの谷間にはリブを立て、剛性確保と共に立体感をUP。

クルマに装着し、横に立った時よく見えるスポークサイドの造形に拘りました。


拘りポイントその②美しいフェイスライン

vol157 画像8

リムエンドからV字交点まで伸びやかなラインを描くスポークは交点からセンターまで
一気に落ち込み深いコンケーブを魅せます。

これが①でお話ししたスポークサイドの造形と相まって、愛車がよりスポーティに
変身するのです!


拘りポイントその③機能とデザインを両立させたリムエンド
vol157 画像9
スポーティを名乗るからには見掛け倒しではありません。

スポークをリムエンドに繋げることで応力を分散。
これはENKEIなどのリアルスポーツホイールでも採用例の多い設計です。

また、リムは他段ステップとする事で剛性をUP。

などなど、スポーツホイールとしての拘りを細部まで詰め込んだ【サーキュラーRM-7 】
サイズも16x6.5、18x9.0、19x9.5などセイムサイズでは物足りない、
でもリアルスポーツサイズまでは・・・という層にはピッタリのサイズを設定。

S660、ロードスター、レヴォーグ、86、レクサスISなどスポーティなクルマを
よりスポーティに演出したい方にピッタリの【サーキュラーRM-7】
この春要注目のスポーツホイールです!

vol157 画像10
【SIZE&PRICE】
15x5.0J定価¥27,500~19x9.5J定価¥51,500(税抜き)
2017年3月リリース予定となります

《PIAAのスポーティな新製品は
           KYOHO専売!ユーロスポルトS-10R!》

スポーティブランドとして誰もが一目置くブランド【PIAA】

先回も魅力的な新製品ホイールを紹介させていただきましたが、
春発売の新製品【ユーロスポルトS-10R】も非常に魅力的!

vol157 画像11
今あえて、かつて一世を風靡したセンターカバースタイルを採用!

ナットが見えず、スポークが非常に長く見えるセンターカバーの特徴を最大限に活かした
スポーティかつスタイリッシュなデザインとなっています。

また、カバーのスリット部分を活かし
レッドとブルーのインナーカラープレートをオプションで用意。

このホイールでしか見せられない演出を気分に応じて楽しめます。

カバーは樹脂製で塗装もカンタンですので、ユーザー様のお好きな色に塗るといった
個性を活かすDIY的な楽しみ方も可能です。

vol157 画像12

アンダーカット&ロングスポークで
スポーティな中に洗練されたエレガントさも漂うデザインは
シャープなブラックを装いながらもリムフランジとアンダーカット部をポリッシュ化。
流行のブラックカラーの泣きどころと言えるデザインが埋没してしまう点を解消。

さらにさらに、カバータイプのメリットを活かし10HのPCD100/114.3マルチ対応!
プリウス、86、インプレッサなど販売ボリュームの多いPCD100車輌にも在庫リスクを
増やす事なく対応可能
なのはお店様にとって魅力あるメリットではないでしょうか。

また、注目のNEWモデル発売を記念して3月末までにご注文いただくと
レッド又はブルー、お好きなインナーカラープレートをプレゼント!


他にない特徴を備えた【ユーロスポルトS-10R】はKYOHOの専売商品!
同じく専売の人気モデル【ユーロスポルトF-01】ともども春商戦の目玉モデルとしてぜひ!

ユーロスポルトS-10R【SIZE&PRICE】
17x7.0J定価¥29,000~18x7.0J定価¥34,000(税抜き)
2017年3月中旬リリース予定となります。



《オートサロンでも大人気!トラストの革新的メーターシリウス!》

オートサロンに行かれた方はチェックされたと思いますが、トラストから発売される
新型メーター【シリウス】はインパクトの大きさからアツい注目を集めておりました!

vol157 画像13
無機EL自発光式透過型メーターにより、先進のコクピットをもたらす【VISION】(写真左)

シンプルで見易いという従来の美点を継承しつつ
立体的なフェイスが新鮮な【METER】(写真中)


【VISION】と【METER】を組み合わせ従来の追加メーターの概念を変えるデザインを持つ

【UNIFY】(写真右)と一気に3種ものラインナップ。

私もオートサロンで動く様子を実際に確認しましたが、
非常に見やすく、かつ新鮮なフェイスはぜひ付けたいっ!と思いましたし、
周りの方も興味深々で見ており、間違いなくヒット作になりそうです!


さらにさらにっ!新発売を記念してキャンペーンもございます!
vol157 画像14

3月末まではメーター取り付けに必要なセンサーをプレゼント!

これから気温の上がる時期は追加メーターでしっかりコンディションを把握したいもの。
いまメーターを買うならこのシリウスでキマリですね!

シリウスメーター¥24,000~¥74,000(税抜き)


シリウスメーター 詳しくはコチラ⇒
http://www.trust-power.com/products/electronics/sirius/


《プレミアムなクルマにはプレミアムなホイールを!
                        TWSホイール新製品》


メルセデス、BMW、レクサスといったプレミアムメーカーは年々販売台数を増やしており、
アフターマーケットでもプレミアムカーをターゲットとしたホイールが注目されております。

プレミアムカーでホイールを交換するユーザーのプライオリティは品質とデザイン。
富裕層だけに価格は高くとも品質とデザインの良い物を求めてきます。

そんな目の肥えた厳しいユーザーにも自信を持って勧められるブランド【TWS】

国内最大級8,000tプレスから産み出される鍛造ホイールの美しさ、性能は
正に究極の逸品、プレミアムホイールとして羨望の眼差しを浴びるブランド。
そのTWSから新製品が一挙3モデルもリリースされました!


①【EX-fL】
vol157 画像15
国産プレミアムカー【LEXUS】にターゲットを絞った車種専用設計モデル。

中でもGS、RC、NX、RXと車種を絞りジャストフィットサイズを設定。
RC F、GS Fリア専用サイズには深いコンケーブディスクも採用。

レクサス純正センターキャップが装着可能なのも他にないポイントです。
レクサスオーナーなら必ずチェックしたい逸品です。

【SIZE&PRICE】
20x8.5J定価¥134,000~22x9.0J定価¥188,000(税抜き)
2017年5月リリース予定となります。



EX-fL セダン、クーペ専用モデル 詳しくはコチラ⇒
http://www.tws-forged.com/tws_exspur_ex_fl_cs.html
EX-fL SUV専用モデル 詳しくはコチラ⇒
http://www.tws-forged.com/tws_exspur_ex_fl_suv.html


②【115F モノブロック】
vol157 画像16
18、19インチの設定とし、M~Lサイズの国産車及びコンパクトサイズのインポートカーを
ターゲットとしたモデル。


ナットホールを取り込み、リム縁まで伸ばしたフィンの視覚効果で大きく見せ、

ボディカラーを選ばないグロスブラック カットフィニッシュと定番カラーである
フラットブラックの設定とし、サイズ設定も引っ込みすぎず出る恐れのない
絶妙な設定とし、高性能は求めるけどインチアップは初めてといった
エントリーユーザーにも手を出しやすいモデルです。


115Fモノブロック 詳しくはコチラ⇒http://www.tws-forged.com/tws_exlete_115f_mono.html

【SIZE&PRICE】
18x7.5J定価¥82,000~19x9.5J定価¥106,000(税抜き)
2017年3月リリース予定となります。


③【EXLETE 206S】


vol157 画像17
シンプルな6ツインスポーク2ピースとし、EXLETEブランドでは初となる
3フェイスのディスクを設定。


ビッグキャリパーからリア用の深いコンケーブまで対応。

ボルト止め2ピース構造をはじめ、細部まで妥協を許さない匠の技で
精度、軽量化を徹底的に追及。

組み付けホイールのメリットを活かし、ディスク、リム、ピアスボルトに至るまで
多様なオプションを用意、オンリーワンを作り上げる事が可能です。


206S 詳しくはコチラ⇒http://www.tws-forged.com/tws_exlete_206s.html

【SIZE&PRICE】
20x7.5J定価¥148,000~20x13.0J定価¥193,500(税抜き)
2017年4月リリース予定となります。

究極のプレミアムカーには究極のプレミアムホイールをセットしたいものです。
その領域を求めるユーザーをも唸らせるTWS、ハイエンドを求めるならぜひ!


《キレッキレ5スポーク!
         Gコーポレーション エステイタス スタイル757》

オシャレなドレスアップアイテムを多数ラインナップするGコーポレーション。
ホイールも人気アイテムですが、2017新製品【スタイル757】がリリースされました!

vol157 画像18
流行のヒネリデザインを斜視で取り入れたエッジ—なスポークは切れ味鋭い刃物のよう。

ギアをイメージしたアンダーカットと相まって、1ピースでありながらいくつものパーツを
組み合わせたかのようなメカニカルなデザイン
となっております。

サイズも18x7.5Jから22x9.0Jまで幅広く設定。

新しもの好きなドレスアッパーなら要注目モデル!

また、Gコーポレーションでは高品質かつスタイリッシュなエアロから
フェンダーモール、ドアハンドルのキズ防止プロテクターなど様々なアイテムをラインナップ。要注目のメーカーですよ!


エステイタス スタイル757 詳しくはコチラ⇒
http://www.g-corp.co.jp/news/estatus_style757_757_1.html


【SIZE&PRICE】
18x7.5J定価¥45,000~22x9.0J定価¥68,000(税抜き)
2017年3月上旬リリース予定となります


《オシャレでリーズナブル! コスミックホイール新製品》
スタイリッシュかつリーズナブルなラインナップから
人気のコスミックホイールの新製品をご紹介!

【ディアボレット ヴァレンティ―ナ】

vol157 画像19
いま流行りの正統派5本スポークをコスミック流にアレンジ。

凄みを感じさせるブラックスポークのシルエットを浮かび上がらせるサイドマシニング、
キラリと輝くリムポリッシュなど、ワンランク上に見える仕上がりです。

17~20インチとミドルサイズ~大型のミニバン、セダンに無理のないサイズをラインナップ。
『流行りのカッコいいホイールをリーズナブルに楽しみたい』といった方にオススメです!


ヴァレンティ―ナ 詳しくはコチラ⇒http://www.cosmic-inc.com/products/diavoletto/valentina/

【SIZE&PRICE】
17x7.0J定価¥34,000~20x8.5J定価¥53,000(税抜き)
2017年2月リリース予定となります


【ディアボレット ヴァレリ】
vol157 画像20
ヴァレンティ―ナのコンセプトをハイエース用にアレンジ。

6穴に合うよう6本スポークとし、軽快感と高級感を演出するブラックポリッシュも設定。
セイムサイズの15からドレスアップ向け17までラインナップ。

日頃のビジネスもオシャレに、
休日の遊びまで道具だったハイエースがスタイリッシュに変身します。


ヴァレリ 詳しくはコチラ⇒http://www.cosmic-inc.com/products/diavoletto/valerio/

【SIZE&PRICE】
15x6.0J定価¥25,000~17x6.5J定価¥33,000(税抜き)


《SUVに似合う骨太6スポーク!
           エルフォード ブルメタル 619アリュール》

SUV、4WDユーザーから絶大な支持を得るブランド【エルフォード】
からSUVにターゲットを絞ったNEWホイール【ブルメタル 619アリュール】が誕生!

vol157 画像21
骨太な6本スポークを渋い輝きのサテンブラックで彩り、アクセントとして入れられた
サイドミーリンク゛加工、レーザー刻印のロゴなどが高級感とメリハリを演出。

この春見逃せない注目モデルです!


ブルメタル 619アリュール 詳しくはコチラ⇒
http://www.meiwa-net.com/item_list/metal_bull_wheel/page1.html


【SIZE&PRICE】
20x8.5J定価¥54,000~22x8.5J定価¥62,000(税抜き)
2017年3月リリース予定となります。

弊社ではエルフォードはじめ、JAOSやアピオ、4x4エンジニアリングといった
4WDブランドも多数取り扱いがございます!
4WDパーツのお問い合わせもお気軽にどうぞ!


当メールマガジン掲載の商品へのお問い合わせ、ご用命は担当セールス又は土日祝日も
営業しております弊社オペレーションセンターまでお気軽にお問い合わせ下さい。
オペレーションセンターTEL 0120-96-5553
               FAX 0120-30-1601


今週のマッチング情報ver2
今週のマッチングは【トヨタ C-HR】です。

既に適合は発信させていただいておりますが、
弊社にもホイールはじめ用品等の問い合わせも
非常に多く、アフターマーケット注目の車輌です。

マッチングに関してはクリアランスも比較的余裕があり、ブレーキ、ハブともさほど大きくなく
ホイール選定にはさほど問題のない車輌です。

今回測定した18インチ車は純正ホイールがENKEI MAT製法、タイヤもBS POTENZA
RE050とSUVらしからぬ走行性能を重視した足回りだけにオススメホイールも
MAT製法モデルをチョイス致しました。

もちろんドレスアップとしてデザイン重視でも問題ありませんので、
C-HRのホイールマッチングは弊社までお気軽にお問い合わせください。

マッチング TOYOTA C-HR DBA-NGX50 ガソリンG-T 純正情報
マッチング TOYOTA C-HR DBA-NGX50 ガソリンG-T オススメホイール
2017'02'02(Thu)17:23 [ 未分類 ] . . TOP ▲




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。