共豊コーポレーションの最新情報をお届けします  
09<< 2016| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ >>11
/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
KYOHO MAILMAG ver2
KYOHO E_Sales Vol_150
いつもKYOHOメールマガジンをご愛読頂き、ありがとうございます。
今回のメールマガジンは
【オススメ商品情報】
《永く乗る愛車には飽きの来ない上質なホイールを! KYOHO CDシリーズのご紹介》

【新製品情報】
《性能と静かさを両立できる人気商品、アペックスECVがリニューアル!》
《9mmのスマートさ、6mの太っ腹、Gコーポレーションフェンダーモール2!》
《人気車種だからこそ差別化を! アドミレイション プリウス用エアロパーツ》

【インフォメーション】
《KYOHOホイール装着で
カッコよくなった愛車を自慢して下さい!愛車投稿ギャラリーページ開設のお知らせ》

【ホイールマッチング情報】
《トヨタ シエンタ》
でお送りします。


今週のオススメ商品情報ver

《永く乗る愛車には飽きの来ない上質なホイールを!
                  KYOHO CDシリーズのご紹介》


いま乗用車の平均使用年数は12.4年(2015年3月末データ)
乗用車の耐久性が飛躍的に向上した今、永く乗る方が増えています。

そこでアフターホイールも飽きの来ないデザインで、デザイン以外のポイントを
求めるユーザー様の声にお応えしたのが【KYOHO CDシリーズ】!


発売以来人気の衰えないロングセラーの魅力をいまいちどご紹介!

上質ポイントその① いまや希少な国内生産、世界トップレベルのENKEI製!

2015年のアフターホイールのうち国産品はわずか6%。

ごく一部の組み付け品やスポーツモデル位しかない贅沢な国産品ですが、
【CDシリーズ】はリーズナブルなセイムサイズでありながらMADE IN JAPAN!


しかも世界トップレベルのホイールメーカーENKEI製。

自動車メーカー純正ホイールも手掛ける工場で生産されておりますので
品質の高さは折り紙つき!

この写真のENKEI浮き文字を見ていただければ
高い製造技術がご理解いただけると思います。


vol150 画像1

上質ポイントその②高品質カラーリング!

ホイールを彩るカラーはデザインを引き立てる重要な要素。

【CDシリーズ】はカラーにも徹底して拘り、デザインにマッチするカラーを選定。

また、【CDM2】【CDS2】【CDR2】に採用した
ラスタガンメタはENKEI PF07のダークシルバーと同色、
ENKEIとKYOHOの深い絆を示すエピソード
です。

色だけでなく、塗膜の薄いムラの無い均一な塗装を実現しております。

6種類あるデザインと相まって豊富なバリエーションからお選びいただけます。

上質ポイントその③MAT製法による軽量高剛性!

ENKEIのお家芸といえるMAT製法を採用。
鋳造のメリットであるデザインの自由性と鍛造のメリット軽量高剛性を両立、
高いコストパフォーマンスも魅力です。

また、軽量であるというのは走行性能のみならず、タイヤ交換もヒジョ~にラクチン。
ショップのメカニック様や自分でホイールを換えられる方なら
ホイールは少しでも軽い方がイイですよね?


おさらいになりますが、
MAT製法は下のようにリムを引き延ばして鍛造のように成型することで
大きな負荷の掛かるリムの強度をUPする製法です。


vol150 画像2

下の写真はスズキ イグニスの純正ホイールですが見てわかるように純正すらMAT製法。

vol150 画像3

実はいまやENKEI製造の純正用ホイールはほぼ全てMAT製法。

ですから【CDシリーズ】はランクアップ品ではなく、一般的な鋳造ホイールがむしろ
ランクダウン品とすら言えてしまう
のです。

奇をてらわない強度ファーストで設計されたカタチは流行りに左右されず永年使っても
飽きのこない正に逸品。


こんなイイ製品ですが、価格は一般的なドレスアップ品とほぼ同等。
たとえ冬用でも走行性能を損ないたくない方、タイヤ交換がラクな軽さを求める方には
冬用としてぜひ!

他にはない軽量お値打ちなセイムホイール。
高付加価値品として薄利多売から脱却できるCDシリーズ、
この冬のオススメホイールです!


14x4.5¥20,500~18x8.0¥37,000

CDシリーズ 詳しくはコチラ⇒http://www.kyoho-corp.jp/cd/


新製品情報ver2

《性能と静かさを両立できる人気商品、
               アペックスECVがリニューアル!》

スポーツパーツの雄、アペクセラ。

なかでもスポーツマフラーの性能と静粛性という相反する要素を両立させるECVは
人気商品ですがこの度リニューアル
となりました!


vol150 画像4

従来のケーブルでの開閉からインマニ圧を利用した自動開閉へと大進化。

ケーブルを通す煩雑さ、穴あけ加工が不要となりました。
設定した車速、又は回転数で自動開閉、もちろん手動開閉も可能です。

サーキットでマフラーの性能と快音を楽しみ、
行き帰りの市街地ではジェントルなサイレントサウンド。

フランジ形状、内径の違いで5種類をラインナップ。多くの車種で使用可能です。

インナーサイレンサーの面倒さもなく瞬時に音量の切り替え可能な【アクティブECV】
一度使うとその便利さ手放せませんよ!


アクティブECV 本体¥33,000 コントロールユニット¥25,000

アペクセラ アクティブECV 詳しくはコチラ⇒
http://www.apexi.co.jp/products/exhaust/active_ecv.html


KYOHOではアペクセラはじめブリッツ、トラストといったスポーツメーカーも大得意!
ライトチューンからガチなサーキット派までぜひお問合せ下さい!


《9mmのスマートさ、6mの太っ腹、
            Gコーポレーションフェンダーモール2!》

フェンダー廻りのお手軽なアクセントとして多くのお店様で定番在庫していただく程人気の
【Gコーポレーション フェンダーモール】がこの度
【フェンダーモールver、2】へリニューアル!


vol150 画像5

カラーバリエーションは全5色。要望の多かったブルー、レッド、メッキが追加され
より多くのボディカラーに対応。

対候性特殊カラーフィルムできつく曲げてもまず塗装が剥がれません。

車検にも影響しない幅9mm
に抑え、3M両面テープとビス併用によりガッチリ固定できます。
1セット6mと1台分4枚のフェンダーがカバーできる長さです。
従来品以上に人気となりそうです!

フェンダーモールver、2¥4,800

フェンダーモールver、2詳しくはコチラ⇒http://www.g-corp.co.jp/news/9_ver2sp.html


関連商品として、スポイラーをガリ傷から守る【アンダーガード】も人気商品!


vol150 画像6

スポイラーやサスペンションのサイドメニューとしてオススメです!

アンダーガード¥3,000
アンダーガードMINI¥2,400

アンダーガード 詳しくはコチラ⇒http://www.g-corp.co.jp/aero/99all/post_23.html


《人気車種だからこそ差別化を!
              アドミレイション プリウス用エアロパーツ》


昨年12月に発売以来10ケ月連続新車販売台数トップの新型プリウス。

街中では新型プリウスが並んで走っている事も珍しくなく、
差別化の為に何かカスタマイズしたいと思っているユーザーも少なくないでしょう。


そこでエアロパーツの装着など如何でしょうか?

目立つパーツだけにしっかりしたモノでないとチリ合わせなどが
心配という方にオススメなのがこのアドミレイション!


vol150 画像7

自動車メーカーのカスタマイズアクセサリーにも選定されているメーカーですので
品質の高さは折り紙付き!

塗装済み品もありますのでポン付け可能です。

フル装備するもよし、フロントだけでさりげなく違いを出すもよし。
ローダウンしてアミスタッドやKYOHOホイールもセットで装着したいところですね。

他車種も多くのラインナップがございますし、シートカバーなども見逃せないアイテム。
カスタマイズ時ぜひ検討していただきたいメーカーの一つです。

アドミレイション プリウス用スポイラー詳しくはコチラ⇒
http://www.admiration.ne.jp/car_model_comprehensive/detail_36/HYBRID_PRIUS_50.html


インフォメーション

《KYOHOホイール装着でカッコよくなった愛車を自慢して下さい!
              愛車投稿ギャラリーページ開設のお知らせ》


『KYOHOホイール装着でカッコ良くなった愛車を自慢したい』
『KYOHOホイールを履くとどうなるのか参考にしたい』

そんなユーザーの声に応え、弊社ホームページ内に投稿ページを新設致しました!


vol150 画像8

上の写真のようにさっそくユーザー様から多くの投稿をいただき、
中には海外からの投稿もいただいております。

ノーマル車輌からバリッと決まったカスタイマイズカーまで
KYOHOホイールさえ履いていれば一切の制限はございません。

ホームページ内投稿フォームから簡単に応募出来ますので、
皆様の投稿をお待ちしております!
愛車ギャラリーページはコチラ⇒http://aisya.ame-wheels.jp/


今週のマッチング情報ver2

今回のマッチングは【トヨタ シエンタ】です。

新型発売後すぐに取ったデータを既に公表させていただきましたが、人気車種であり
ユーザー様が冬用ホイールを検討し始める時期ですので今一度掲載致します。

純正が15x5.5+39 5/100とやや特殊なサイズだけにKYOHOでは
【スマックバサルト】【スマックラヴィーネ】に15インチで専用サイズを設定。

冬用なもちろん、純正ホイールからのセイム交換にもオススメ。

人気車種だけにホイール交換で自己主張したい所ですし、メインユーザーたる
ファミリー層にもお求めやすい価格ですよ!

マッチング TOYOTA シエンタ DAA-NHP170G ハイブリッドG 純正情報
マッチング TOYOTA シエンタ DAA-NHP170G ハイブリッドG オススメホイール

当メールマガジン掲載の商品へのお問い合わせ、ご用命は担当セールス又は土日祝日も
営業しております弊社オペレーションセンターまでお気軽にお問い合わせ下さい。
オペレーションセンター
TEL 0120-96-5553
FAX 0120-30-1601
スポンサーサイト
2016'10'19(Wed)11:17 [ 未分類 ] . . TOP ▲




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。