共豊コーポレーションの最新情報をお届けします  
09<< 2014| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ >>11
/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
KYOHO E_Sales
タイトル


KYOHO E_Sales Vol_104


いつもKYOHOメールマガジンをご愛読頂き、ありがとうございます。
今回のメールマガジンは
【商品情報】《KYOHOスマックスフィーダ 組み付け検証》
【新製品情報】《ENKEI RS05RRにホワイト登場》
【KYOHO取扱いメーカー紹介】《4WDブーム再来 JAOS》
でお送りします。


おすすめ商品

斬新なデザインがお陰様で好評をいただいている《スマック スフィーダ》

SMAC SFIDA 単品画像

スフィーダ最大の特徴はリムから突出したスポークで、
このデザインが他に無い個性を打ち出しております。
しかし、現物を見たお客様から『タイヤの組み付けに支障がありそう』
という声をいただいているのも事実です。
そこで実際にタイヤを組み付けてみました。


①使用したチェンジャーはこちら、ごく普通のタイプです。

SMAC SFIDA 組み付け1

②新品には下記のようなステッカーも貼ってあります。

SMAC SFIDA 組み付け2

③マウンテンヘッドとホイールが干渉しないようにするには
ステッカーとマウンテンヘッド位置を合わせればOK
です。
ここでリム縁に合わせると傷つけてしまう恐れがありますので、
ここだけは細心の注意を払って下さい。


SMAC SFIDA 組み付け3

④あとは通常の手順でビードを嵌めていきますが、
特に無理な力の掛かる感触もなく、
通常のホイールと変わらない手応えで装着できました。


SMAC SFIDA 組み付け4

また、ご覧のように組んでしまえば
スポークよりタイヤの方が外側にきますので突出も問題ありません。

マウンテンヘッドを合わせる手順だけは必要ですが、
そこだけ気をつけていただければ
通常のホイールと何ら変わらない組み付けが可能ですし、
突出もイメージほど問題になりません。
他にない個性的デザインは軽、コンパクト、
ミニバン、セダン等車種問わずマッチ。

『冬用だけでなく夏用として使いたい!』というエンドユーザー様のご要望も
多数伺っております、
『現物を見たい』『この車種には装着可能?』『納期は』といった
お問い合わせは弊社営業マン
又は日曜祝日も営業しているオペレーションセンターまでお気軽にどうぞ。



新製品情報

軽量、高剛性でコストパフォーマンスに優れた
スポーツホイールとして人気のENKEI RS05RR。

従来はシックなシルバーと凄みの利いたマットダークガンメタの2色でしたが、
この度、一部サイズのみですがホワイトが追加設定となりました!


ENKEI RS05RR white

軽快なイメージを与え、ホイールデザインも際立つ事から
スポーツホイールとして定番のホワイト。
価格もシルバー、ガンメタと共通ですのでオススメです!

本格派サーキットユーザーにとっては気温の下がる今からがシーズンイン、
タイムアップする為の機能アイテムとしても
自信を持ってオススメするモデルです!

詳しくはコチラ⇒http://www.enkei.co.jp/wheels/racingrevolution/rs05rr/



マーケット情報

今回ご紹介させていただくのは4WDメーカーのJAOS様です。
エクストレイルやハスラー、復活したランクル70など、
盛り上がりつつあるSUV/4WDのカスタマイズメーカーとして有名ですよね。


取扱いメーカーJAOS

外装はスポーティでファッショナブルなデザインと
オフローダーっぽいデザインを車種により使い分け、
その車の魅力をより引き出しています。

また、機能パーツもラフロードの走行性能を高める物から
舗装路メインのローダウンキットなどラフロードのみに拘らず、
様々なユーザーニーズに応える幅広いラインナップが魅力。

品質も自動車メーカーの純正用品に採用される折り紙つき、
今アツいSUV、4WDカスタマイズならJAOSですよ!



マッチング情報

今週のマッチングは『スバルWRX S4』です。
かつてはインプレッサの高性能グレードでしたが、
新型はインプレッサとの共通性は低く、
基本骨格はレヴォーグとの共通性が高いようです。
実際S4に関してはブレーキ、脚廻りともほぼレヴォーグと共通です。
ただ、アイサイトが全車標準ですので、
ホイールサイズ変更やローダウン等はアイサイト誤作動の可能性もある事から
ディーラー様により変更可否の見解が異なる可能性もありますので、
カスタマイズの際はディーラー様に確認をいただいた方がよいかと思われます。

なお、スタッドレスタイヤ装着時はメーカーホームページ、
カタログにも注意書きがありますが215/50R17への変更をお願い致します。

また、PCD5H114.3ですので
レガシィからの乗り換えユーザー等は注意して下さい。


マッチング SUBARU WRX S4 DBA-VAG 20GT Eye Sihgt 1

マッチング SUBARU WRX S4 DBA-VAG 20GT Eye Sihgt 2
スポンサーサイト
2014'10'22(Wed)10:03 [ 新製品 ] . . TOP ▲




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。